飲食之事 – 『養生大意抄』上

凡例

(1)変体仮名、片仮名などは、現行のひらがなに改めた。

(2)文脈から判断し、適宜句読点を加えた。

(3)原書にある右側の傍訓は文字の上に、左側の傍訓は[]内に記した。

(4)細字は〔〕内に記した。

(5)旧仮名遣いと送り仮名はそのままとし、旧字体や俗字などは原則として新字体にした。

(6)底本に国立公文書館内閣文庫所蔵本を用いた。

飲食(いんしよく)之事

飲食(いんしよく)先天(せんてん)()扶助(たすけたすけ)て一身を滋養(うるほしやしな)ひて百歳の寿命を保たしめんが(ため)に天地より授与(さずけあた)へ給へる(もの)也。(みだり)口腹(こうふく)(まかせ)てほしいままに大食(たいしよく)し一時の快美(くわいび)をなさんが(ため)に天地より授与(さづけあたへ)給へるにあらず。然れども人の情慾(ぜうよく)(ほしいまま)になりやすくこらへかぬるものなれば、(いにしへ)食医(しよくい)とて其職(そのしよく)(つかさ)どる(くわん)ありて(おう)飲膳(いんぜん)に法を(たて)(みだり)飲食(いんしい)し給す。論語にも郷党(きゃうとう)(へん)(しる)せしを()聖人(せいじん)飲食(いんしよく)(つつしみ)(たま)ひしを(しる)べきなり。飲食(いんしよく)(ただ)飢渇(きかつ)せざる(ため)とのみ心得べし。

素問(そもん)飲食有節(いんしよくせつあり)といへり。(せつ)(ほど)よきをいへり。又t飲食(いんしよく)自倍(しばい)腸胃(てうい)(すなはち)(やぶる)とあり。飲食は此身を養ふ第一の物なれども其程に(すぎ)ぬれば(かへつ)て身を(やぶ)るに至る。猶水火(すいくは)のよく人を()し又よく人を(がい)するがことし。凡飲食よき程に食すれば腹中(ふくちう)にすきたる所ありて元気(げんき)めぐりやすふして食物も亦消化(こなれ)やすきゆへ吾一身を養ひて病生せず。若十分に飲食すれは食物腹中に充満(ぢうまん)してすきまなき故元気めぐらず食物消化(こな)るること成らずして(すみやか)なるは食厥(しよくけつ)となり(ゆる)やかなるは積聚(しやくじゆ)痰癖(たんへき)水腫(すいしゆ)等の諸病(しよびやふ)となる。此故によく食して飽食(ほうしよく)あるべからず。何程の珍膳(ちんぜん)美味(びみ)或は嗜好(すきこの)める(もの)といへども八九分にてやむべし。十分に食すれば飽満(ぼうまん)して後に(わさわい)となる。(はじめ)(つつしめ)(のち)(わさわい)なかるべし。

○前に食したる物いまだ消化(こなれ)腹内(ふうない)(いまだ)すかざるを(おぼえ)ば、()もなく引続(ひきつづ)けて(もの)(しよく)すべからず。(かさね)つづけて(しよく)すれば()()めぐらず、気をふさぎて必病となるべし。

空腹(くうふく)なる時(あわて)てすぐに物を(しよく)すべからず。(まづ)湯茶(ゆちゃ)(るい)にても羹汁(にもののしる)抔のたぐひにても飲て、(ふく)内をよくうるおして後に物を食すべし。凡飢過(うへすき)て食するときは、必味噌汁(みそしる)をとくと飲て後に飯を(くら)へば病を生せず。若先飲物せずして食すれば、食厥(しよくけつ)の病を発することあり可恐(おそるべし)※1。

(うへ)(しよく)(かわき)(のむ)とき飢渇(きかつ)(まかせ)て一()に多く飲食(のみくひ)すべからず。脾胃(ひい)(やぶ)り元気を(そん)して身の(やしなひ)にならず。(かへつ)(がい)あり。

(さい)(にもの)は口に(かな)へる(もの)にても(あま)り多く食すべからず。(はん)は元気を養ふ第一の物なれども、飯ばかり食すれば腸胃(ちやうい)泥滞(なづみとどこほ)りて気を(ふさ)ぐ事あり。故に必(さい)(にもの)をまずへ五味(ごみ)調和(ちやうわ)して食するは脾胃(ひい)の気をすかしめぐらして(とどこほ)らしめざるが(ため)なり。此()(かんが)へて腸胃(ちやうい)(くわ)するを(かなめ)として飯の(たす)けに食すべし。(あちわひ)(すき)口腹(かふふく)にまかせ(みだり)に多く食すべからず。(はん)分量(ぶんりやう)より少く食するをよしとす。(にく)(おおし)といへども(しよく)のきに(かた)しめづとは、聖人(せいじん)養生(やうぜう)なり。

(つね)には(あしわひ)淡薄(たんはく)なる(もの)を多く食し、(あいだ)には肥濃油膩(ひのうゆじ/あしわいあつくあふらこき)の物をまじへ食すへし。肥濃油膩(ひのうゆじ/あしわいあつくあふらこき)の物は(とどこほ)りやすし。おほく(しよく)し或は連日(ひをつづけ)食すべからず。山野(さんや)農人等(のふにんとう)()労動(ろうどう)して淡薄(たんはく)なる(もの)雑穀(ぞうこく)の類のみ食して身体(しんたい)堅固(けんご)にして長寿(ちやうじゆ)する者多きにてしるべし。脾胃(ひい)の気よくめぐる故なり。

魚肉(ぎよにく)米穀等(べいこくとう)とひとしく脾胃(ひい)(やしな)ふ物なり。少々ずつまじへ食すれば(おおい)()の気を養ふ。然れども其(しつ)よく脾胃(ひい)(とどこう)(やす)し。(かつ)(もと)水中(すいちう)(せう)じたる(もの)なれば(せう)湿熱(しつねつ)(たくは)へり。此(ゆへ)につづけて食し、或はおほく食すれば、脾気を(ふさき)(うち)にては敦阜(とんふ)の病を生じ外にては、癰疽(ようそ)(とう)の病を(はつ)す。晏食(ゆうはん)にわ食せざるをよしとす。大魚(おほうを)は味(あつ)(あぶら)(おお)し滞りやすし。食せざるをよしとす。

(とり)(にく)にも(せう)よろしき品あり。然れども(みな)消化(せうくはし)がたし。此故におほく(しよく)すべからず。(せう)よからぬ(しな)(こと)に多い。其物の(せう)善惡(ぜんあく)(にく)(かたき)(やわらか)とを(かんが)(せう)よく(にく)こはからぬ物を食すべし。(むかし)より食物(しよくもつ)にせし鳥肉(とりのにく)に食すべからざる品多し。(つる)(はくちやう)(るい)大鳥(おほとり)は故なくして(しよく)すべきものにあらず。

○食は(こまか)(かみ)(しつか)(のむ)を法とす。細にかめば(こなれ)やすく(しづか)に咽(のめ)(とどこふ)らず。よく食物胃府(いのふ)落着(おちつき)気血(きけつ)と成てよく身をやしなふ。心(いそがし)くせわしく食すれば(とどこふ)(やす)(こなれ)がたくして身の養にならず。却て(がい)あり。此故に凡食事(しよくじ)万事(ばんじ)をやめて心(しづか)に食すべし。故に聖人(せいしん)(しよく)するときは(ものが)たりしたまわずと郷党篇に見へたり。

(つね)温暖(おんだん)なる物を食すべし。生冷(なまのひえ)たる物は多く食すべからず。凡人の脾胃(ひい)運行(うんこう)陽気(やうき)(もと)とす。故に胃中(いちう)(やう)(げん)ずれば、(しゆ)々の病おこる。陽気(やうき)(さかん)なればよく食物を克化(こな)血気(けつき)(せう)じて一(しん)を養ふ。夏月(かげつ)といへども温暖(おんだん)なる物を食すれば、(がい)なくして(えき)あり。

盛夏(せいか)(とき)には、陰気(いんき)腹内(ふくない)(ふく)し在るに(より)て、食物(しよくもつ)消化(こなれ)(おそ)し。(ゆへ)によく食傷(しよくせう)(やす)し。(こと)生冷(なまのひえたる)(くたもの)(ふり)(るい)を多く(しよく)すれば、(かろき)飡泄(そんせつ)(おも)きは霍亂(かくらん)吐利(とり)をなす。戒むべし。故に夏月(かげつ)温暖(おんだん)の物を食するによろし。

○凡(かたく)(こわき)(もの)(くらふ)べからず。消化(こなれ)がたく脾胃(ひい)を損ず。其物もの)(せう)よろしき(しな)にも(しつ)(かた)きは(こなれ)がたし。(せう)よくして(しつ)(かた)きは調理(てうり)に依りて食して(がい)なき物あり。

○凡其物(しつ)消化(こなれ)(やす)(しな)にして(せう)よからざる物ある。惣じて性あしきは(しよく)すべからず。

○凡時節(しせつ)に依りて(おな)じ物にてもあしき時あり。又よろしく時あり。假令(たとえば)甜瓜(まくはふり)西瓜(すいくは)酷暑(こくしよ)(せつ)(すこ)しく食すれば暑邪(しよじや)()して(すこぶる)(こう)あり。(すこし)涼気(りやうき)(もやう)すに(いたり)て食すれば、大に(かい)あるの類(るい)なり。

(もし)食傷(しよくせう)吐瀉(はきくだし)せし事ありし後、(はや)粒食(つぶのめし)を食すべからず。(うへ)(きはま)りて米飯(おもゆ)をのみて少しく腸胃(ちやうい)(うるを)すべし。其後消息(みはからひ)稀粥(うすきかゆ)(すす)め又はるか(ほど)ありて少し(やわら)なる(めし)白湯漬(さゆづけ)にして(しよく)し、漸々(だんだん)食量(しよくりやう)(ばい)すべし。一時に粒食(つぶめし)(しよく)し、或は一(かい)に多く食すれば、大いに(かい)あり。

食後(しよくご)には(おび)をゆるめ(こし)をのべ、()をのびやかにもちて、(しつか)にいきをぬくべし。食気(しよくき)とどこほらず。

(さけ)百薬(ひやくやく)(ちやう)と古人いへり。少しく飲ば陽気(やうき)(たすけ)血気(けつき)をやすらげ食気(しよくき)をめぐらして大に(えき)あり。(おおく)(のめ)血脈(けつみやく)(みだ)腸胃(ちやうい)(やぶ)りて大に人を(そん)す。必多く飲べからず。人の性にて(ほど)あり。其(ほど)(かんが)へてほろほろ(えい)(じやうき)として其うへを飲すごすべからず。食後(しよくご)に少し(のめ)ば食気をめぐらして(えき)あり。温酒(かんざけ)をのむべし。陽気(やうき)をかりて()をめぐらす故なり。冷酒(ひやざけ)はよろしからず。熱酒(ねつしゆ)(もと)より(のむ)べからず。

○凡人年(わかき)ときは血気(けつき)いまだ(さだ)まらず酒は(もとより)よく人の血気を(みだ)す物なれば、弱齢(としわか)の人は酒をのまざるをよしとす。壮年(そうねん)に及ひ血気(すで)(さだま)れる(ころおひ)よりして半酔(はんすい)なるを()としてのむべし。半酔(はんすい)(ひと)長寿(ちやうじゆ)なりと古人もいへり。

○五()偏勝(へんせる[かたよる])とは、五味の内にて(ただ)()を常に多く食すれば、其一味の気(へん)にかつをいふ。假令(たとへば)甘物(あまきもの)をつづけて多食すれば、中焦(ちゅうせう)気滞(きとどこふ)りて(つかへ)(はり)腹痛(はらいたむ)等の病を(はつ)す。辛物(からきもの)をつづけて多く食すれば、()上逆(じやうぎやく)して眼病(がんびやう)瘡瘍(そうやう[できもの])等の病を生ず。鹹物(しほはやきもの)多ければ、血乾(ちかわ)く。故に(のんど)かわき湯水(ゆみず)多く(のみ)脾胃(ひい)(やぶ)る。苦物(にがきもの)多ければ、脾胃(ひい)生気(せうき)(そん)ず。酸物(すきもの)多ければ、気ちぢみてのびず。此故に内経(だいきやう)に気を(つみ)(へん)なるは(わかじに)(ゆう)なりとありて、一味の()(かたより)て多ければ、(みな)(やまひ)となりて命(めい)をちぢむる(もとひ)なり。故に五()をとり(まぜ)て少々づつ食すれば、(やまひ)を生ぜずして()(やしな)ふ。

関連記事