起居動作之事 – 『養生大意抄』下

凡例

(1)変体仮名、片仮名などは、現行のひらがなに改めた。

(2)文脈から判断し、適宜句読点を加えた。

(3)原書にある右側の傍訓は文字の上に、左側の傍訓は[]内に記した。

(4)細字は〔〕内に記した。

(5)旧仮名遣いと送り仮名はそのままとし、旧字体や俗字などは原則として新字体にした。

(6)底本に国立公文書館内閣文庫所蔵本を用いた。

起居(ききよ[たちい])動作(どうさく[うごきはたらく])の事

呂氏春秋(りよししゆんじう)流水(りうすい)(くち)戸枢(こすう)(むしばま)ずとあり。流水(りうすい)戸枢(こすう)〔戸枢とは戸のくるるなり〕は(うごき)てやまざるもの也。(つね)(うごき)ある(もの)(くち)(むしばま)ざるをいふ。凡人の()(つね)動作(どうさ[たちはたらき])あるをよしとす。動作せざれは脾胃(ひい)()運行(うんこう)せず。気血(きけつ)壅滞(やうたい)して(やまひ)を生ず。(つね)動作(どうさ)あれば脾胃(ひい)()めぐりて気血(きけつ)流行(なかれめぐ)りて(やまひ)(せう)ぜず。流水(りうすい)戸枢(こすう)の不腐(くちず)不蠧(むしばまざる)かごとし。然れども動作(どうさ)にも亦(よきほど)あり。若節を(こへ)(しい)動作(とうさ)すれば、筋骨(きんこつ)(やぶ)りて(かい)あり。其人の稟受(うまれつき)によき(ほど)あり。一(がい)(さだめ)がたし。何事にても(わか)(たい)辛苦(しんく)せざる(ほど)動作(とうさ)するをよしとす。毎日(つとめ)動作(とうさ)すれば(つね)になれていよいよ()(すこやか)に成りて辛苦(しんく)に思事なく、逸予(いつよ)して久しく(たい)(うごか)さず(にはか)動作(どうさ)すれば、辛苦(しんく)(おほゆる)ものなれば、(つとめ)てやまざるをよしとす。

酒食(しゆしよく)(のち)いまだ消化(こなれ)ざるに()しねむれば、酒食(しゆしよく)()(とどこふ)りて気血(きけつ)めぐらず病となる。(もし)臥さば久しくねふるべからず。(かたわら)の人に言置てよびさまさしむべし。

昼臥(ひるね)すべからず昼臥(ひるね)は気を上逆(ぜうぎやく)せしむ故に()さむるとき()の中必す(あか)し。(ひる)陽気(やうき)とともに(ひら)くべきに、かへつて(とづ)る故、元気(げんき)(やぶ)る。詩経(しきやう)にも(つとに)(おき)()(いね)とあるは、(てん)(れい)(したが)へばなりと、陳龍正(ちんりやうせい)保生帖(ほうせいしやう)にいへり。

()は早く臥すべし。若ねむらざれば、人の()(やぶ)りて病を生す。(やむ)ことを得ざるとも、()の時を(すご)すべからず。

○朝は早く起るをよしとす。冬は日光(ひのひかり)を待て(おき)ぬるをよしとす。寒気(かんき)(ふせぐ)かためなり。

○夏の夜庭園(にはその)などにて星月(ほしつき)(もと)に久しく坐臥(ざが)すべからず。若久しく坐臥すれば夜気(やき)陰凉(いんりやう)()(おそひ)霍乱(くはくらん)(とう)の病を生す。可恐(おそるべし)

○凡枯木(こほく)大樹(たいしゆ)(した)久陰湿地(きういん[ひかけのしつふかきところ])に坐すべからず。又陰毒(いんどく)()に中りて病を生ず。

○冬月早朝(そうちやう)に出て遠く行には、(かゆ)を食すべし。生薑(せうが)を食す又よし。

陰霧(くもれるきり)の中を(とおく)行べからず。(きり)はれて行べし。(やむ)ことを得ざるときは酒を(よき)ほどのみて(ふせ)ぐべし。陰霧(くもれるきり)の気に(あたれ)中湿(ちうしつ)の病を生ず。

雪中(せつちう)歩行(ほこう)してひへたるとき、(あつ)()にて(あし)(あら)ふべからず。又火に(はや)くあたるべからず。(はや)(あつ)き物を飲食(のみくい)すべからず。寒熱(かんねつ)相激(あいげき)するゆへ病を生ず。

空腹(くうふく)(とき)(まま)(よく)すべからず。飽食(ほうしよく)して(よく)すべからず。皆よく湯気(ゆけ)(あた)ることあり。

熱湯(あつきゆ)に浴すべからず。気のぼりへる故なり。

○浴(よく)して後、すくに風にあたるべからず。浴後(よくご)は人の(はだへ)ひらくゆへ、風に(やぶ)られやすし。

盛暑(せいしよ)のとき途中(とちう)などにて冷水(れいすい)にて手足(てあし)(あらふ)べからず。まして水に(よく)すれば害はなはだし。

○凡四時の(あひだ)(かん)(しよ)(そう)湿(しつ)(ふう)の気更々(かわるかわる)(おこなは)れてやまざるものなり。(つつしみ)(さく)べし。其気(そのき)(おかし)(やぶ)らるれば、其気(そのき)(したかつ)(やまひ)(せう)す。(もし)(とき)(やま)ざれば(ほど)すきて(おこ)ることあり。素問(そもん)(はる)(かぜ)(やぶ)られて(なつ)飡泄(そんせつ)(せう)じ、(なつ)(しよ)に傷らえて秋痎瘧(がいぎやく)をなし、(あき)湿(しつ)に傷られて(ふゆ)欬嗽(がいさおう)を生じ、(ふゆ)(かん)に傷られて春(うん)(やむ)といへり。此故に其(とき)無事(ぶじ)なると(たのみ)由断(ゆだん)して寒暑(かんしよ)(おか)すべからず。

関連記事