『養生訣』綜凡

凡例

(1)変体仮名、片仮名などは、現行のひらがなに改めた。

(2)原文は読点のみだが、文脈から判断し、適宜句点を加えた。

(3)細字は〔〕内に記した。

(4)旧仮名遣いと送り仮名はそのままとし、旧字体や俗字などは原則として新字体に統一した。

(5)底本は京都大学富士川文庫所蔵の天保七年版を用いた。原文との照合の便をはかるため、原文の改ページ箇所を【】内に記した。

noteの養生訣解説に合わせて随時更新中!

綜凡

【綜凡一表】

むかし嵆康(けいかう)といひし人の養生(やうじやう)に五つの(かた)きことあるよしを(ろん)ぜし。その一には、名聞利欲(みやうもんりよく)(さり)がたき。二つには喜怒(よろこびいかり)(じやう)その(ほど)(すぐ)る。三には、好色(かうしよく)心深(こころふか)き。四には、滋味(うまきもの)(くち)(たえ)まなき。五には、一切(いつさい)(こと)(こころ)にかかりて(わす)れがたきとなり。もしこの五つのものを胸裡(むねのうち)(たくわふ)るときは、いかなる養生(やうじやう)(じゆつ)(おこな)ふとも(けつ)して其功(そのかひ)なく、かならず病

【綜凡一裏】

(やまひ)(まね)き、中道(ちゅうねん)(わかじに)するか。(たまたま)老境(らうきやう)(いた)るとも、心身(こころもからだも)ともに衰耗(よわり)て、事用(もののよう)にたちがたし。もし少壮(わかきとき)より、(つとめ)てこの五つのものを去得(さりう)るときは、その(こころ)日日(ひび)(とく)(すすむ)を以て、(いのら)ずしておのづから(さいはひ)()、求めずしてよく寿(いのち)(のば)すといへり。これ至當(しごく)(せつ)なれども、時世(じせい)(もつ)てこれを(いふ)ときは、その言行(ことおこな)はれがたきに似たり。いかんとなれば、方今(たうじ)昇平(たひへい)二百余年(にひやくよねん)の久しき、人々佚遊(あそび)(なら)ひ、驕楽(おごり)(つね)とするときにあたりて、この嵆康(けいかう)が説を(をしへ)たれば

【綜凡二表】

とて、よく(したが)(まもる)ものは(まれ)なるべし。(いま)この(しよくじ)(ねふり)(からだ)(いきあひ)(こころの)五事調和(いつつのてうわ)(ごと)きは、(ほか)よりその(こころ)(みちび)き、(しだひ)(ぜん)(おもむか)しめんための(をしへ)なれば、いはゆる權道(ちかみち)にして、(おこな)ひやすくまた(まもり)やすし。(ゆえ)(おのれ)(もつぱら)これを養生(やうじやう)要訣(だひいち)となして、老幼男女(ろうようなんによ)差別(しやべつ)なく(つね)にこれを人に(さづく)るがゆえに、かの名聞利欲(みやうもんりよく)(こころ)(さかん)なるものに(あふ)ても、(しひ)てこれを(せい)せんとはせずして、(ただ)その病苦(やまひ)(すく)(うる)ことを(さき)にし、その人々(ひとびと)便宜(かつて)(まかせ)て、(あるひ)和歌(うた)もしくは頌文(じゆもん)

【綜凡二裏】

どを(とな)へ、(じしんに)胸腹(むねはら)按撫(なでさすり)て、気息(いきあひ)調適(ととのふ)ることを(をし)へ、(あるひ)食後(しよくご)(ひとり)按摩(あんま)(ほふ)(つた)へ、あるひは(しよくじ)(ねふり)(からだ)息四事(いきあひのよつ)(うち)(おい)て、其人(そのひと)(なし)やすく(おこな)ひやすきことを(さず)け、(つとめ)(やむ)ことなからしむれば、腹気(はらあひ)(しだひ)安定(おちつく)(したがひ)て、その人の精神(こころもち)(おのづか)爽快(さわやか)になり、心身(こころもからだも)よく調和(ととのふ)るにいたれば、天性(うまれつき)真智(ちえ)いつとなく発現(あらわれ)て、この嵆康(けいかう)(ろん)ぜし五難(ごなん)をも、(つい)には去得(さりう)るやうになるものあればなり。これ台家(てんだい)浄土(じやうど)念佛(ねんぶつ)日蓮(ほつけ)宗の題目(だいもく)(もつぱら)(となへ)しむるものと、その(おもむき)

【綜凡三表】

やや類似(により)たることあり。(ゆえ)にこの(へん)(よむ)ものは、通途(ひととほりの)養生(やうじやう)(ほん)()るの(ほか)に、一活眼(べつのまなこ)(ひら)き、文字(もじ)(ほか)深義(ふかきわけ)あることを観得(みつけいだす)べし。これ作者(さくしや)本意(ほんい)なり。〔(うた)をとなへて(はら)をなづることと、食後(しよくこ)ひとりあんまの(ほふ)は病家こころえ(ぐさ)にのせたり〕

養生(やうじやう)(みち)とて、もとより(べつ)口授(くじゆ)秘訣(ひでん)あるものにあらず。ただ人と(うま)()たる天性(てんせい)(とぐ)るまでのことなれば、かならずこれを(ほか)(むか)ひて(もとめ)んとすることなかれ。まづ士大夫(さむらひ)(もつぱ)(こころ)がくべきは、古昔(むかし)聖賢(せいじん)道義(みち)(とき)たる(ほん)(よみ)て、人倫(ひとたるみち)

【綜凡三裏】

大本(もと)知明(しりあきら)め、かたはら武藝(ぶげひ)(たしなみ)みふかく、(つね)にその()愛嗇(だひじに)し、ただ()のためには(いのち)塵芥(ちりあくた)よりも(かろ)んじる(こころ)(のだつ)るが、養生(やうじやう)(だひ)一なり。農民(ひやくしやう)は、国主(かみ)恩賚(めぐみ)にて、安穏(あんおん)妻孥(さひし)撫育(すごす)ことを、(つね)(わする)ることなく、稼穡(のうげふ)(わざ)(おこた)らざるが養生(やうじやう)なり。その(ほか)工匠(しよくにん)のその(わざ)(うと)からず。商売(あきうど)非義(よぶん)()(むさぼ)らざるが(ごと)き。これ工商(しょくにんあきうど)養生(やうじやう)なり。(ゆえ)如何(いかに)となれば、四民(しみん)おのおのその分限(ぶんげん)()り、謙虚(うちば)を守り、()(かへりみ)ていささかも(はづ)ることなければ、

【綜凡四表】

精神(こころもち)おのづから爽快(さわやか)に、気血融通(からだのめぐりよき)(もつ)て、(やまひ)醸造(かもす)べき、基本(もとひ)となるものあることなければなり。論語(ろんご)に、()三百(さんびやく)一言(いつげん)(もつて)蔽之(これをおほふ)(いわく)思無邪(おもひよこしまなし)といへり。(おもひ)(よこしま)なければ、その(こころ)かならず爽快(さわやか)なり。(こころ)爽快(さわやか)なれば、(やまひ)はおのづから(すくな)し。(いま)またこの養生(やうじやう)(みち)一言(ひとこと)(つづめ)ていはば、この思無邪(おもひよこしまなし)三字(さんじ)(もつて)ても(つく)せりとすべし。これその(ほか)(むか)ひて(もと)むべきにあらねばなり。此義(このわけ)本編(ほんぺん)(とく)ところを通暁(がてん)して、おのづから(あきら)かなるべし。

【綜凡四裏】

孫思邈(そんしばく)といひし医士(いしや)(ことば)に、人体(ひとのからだ)平和(へいわ)ならば、(ただ)(すべから)将養(やうじやう)すべし。(みだり)(くすり)(もちふ)ることなかれ。薬勢(くすりのしやう)(かたより)(たすく)るところあり。人の臓腑(ざうふ)をして不平(ふへひ)ならしめて、外患(ぐわいじや)(うけ)やすしといへり。世には養生薬(やうじやうぐすり)とて、(あらかじ)(やまひ)(ふせ)(じゆつ)ありといふ。(これ)佞媚(へつらひ)妄言(いつはり)より(いづ)るか。()なきは、貪濁(どんよく)医士(いしや)(あざむ)かれたるなり。通途(せけん)養生(やうじやう)(ほん)(うち)にも、(たま)には預防薬(やうじやうぐすり)称誉(しようかん)せしもあれば、有識(こころあるもの)かならずそれらのために(まどは)さるることなく、ただ養生(やうじやう)天性(てんねん)自然(しぜん)(みち)

【綜凡五表】

(したが)ふべきものなることを自悟(さとる)べし。()病家須知(ひやうかこころえぐさ)の中に、(おほ)くこれを弁じたれば、参考(あはせかんがへ)てその(わけ)(おのづか)(あきら)かなるべし。

気息(いきあひ)臍下(ほぞのした)充実(みた)しむれば、よく百病(しよびやう)(のぞ)くということ、(まこと)にその(しるし)あり。(いま)いかなる沈痾(こじれ)癈疾(やまひ)ありといへども、調息術(いきをととのふじゆつ)(さづけ)て、よく(おこな)()るものは、(ひさし)からずしてかならずその病苦(やまひ)(しだひ)(なほ)ること、意外(おもひのほか)(めう)あり。(ゆゑ)(おのれ)(もつぱ)らこれを世人(ひと)(つた)へて、横夭(むりじに)(すく)ふの一助(たすけ)とはするなり。(とりわけ)近来(ちかごろ)(はら)

【綜凡五裏】

(くくり)気息(いきあひ)調(ととのふ)捷径(ちかみち)の一術を(うけ)てより、(しるし)()たる病目(びやうもく)を、本編(ほんぺん)(すえ)列載(かきしるせ)(のち)、またまた()病者(びやうにん)(こころみ)て、かたのごとく(かう)(あらは)したるものをも、(ふたた)(ここ)(あげ)て、その(かけ)たるを(おぎな)ふ。世人(ひとびと)よく併考(あわせかんがへ)て、これを拡充(おしひろめ)、その(ほか)(さとる)べし。

喘哮(ぜんそく)経久(としひさしく)(いえ)ざるもの。◯内外翳眼(そこひうはひ)にこれを用ひ、潅水(くわんすひ)をかねて偉効(しるし)ありしこと。◯懸飲腹痛(りういんのはらいたみて)嘔逆止(むかひけのやみ)がたき病者(びやうにん)傷寒(しやうかん)時行病(はやりやまひ)初中後(しよちゆうご)ともに(ほどこ)して裨益(おほいにえき)あること。◯痢病(りびやう)窘迫(いきみ)腹痛(ふくつう)(はなはだ)しきもの。

【綜凡六表】

黴毒(さうどく)骨節(ほねふし)疼痛(いたみ)(または)咽喉潰瘍(のんどのできもの)などの証に(もちひ)て、よく病苦(やまひ)(やわら)ぐるの(しるし)あり。◯婦人(ふじん)月信(つきやく)不順(ふじゆん)(および)胎子(はらのこ)不育(そだちかぬる)(もち)ひて(かう)()たること。◯小児(せうに)(やまい)には、搐搦(びくつき)瘈瘲(きやうふう)(および)疳疾(かんのむし)遺尿(ねせうべん)などの(しよう)(もちひ)て、(かう)あるのみならず、嬰孩(こどものとき)よりこの腹帯(はらおび)(つね)(もち)ひて止まざれば、よくこれらの(しよう)(ふせ)ぐに(めう)なり。

此編(このへん)(ろん)ずるところの(しよく)(ねふり)(からだ)(いきあひ)(こころの)五事調和(いつつのてうわ)は、その(つまびらか)なること、(さき)(あらは)せる病家須知(びやうかこころえぐさ)一名(いちみやう)寿艸(ことぶきぶさ)といふ(ふみ)(のせ)たるを再釈(ふたたびときわけ)しものなることは、附言(ふげん)

【綜凡六裏】

いふがごとくなれば、(まづ)病家須知(びやうかこころえぐさ)(よみ)て、(のち)にこの(へん)()るべきこと、もとより(ろん)なし。すべてこの五事(ごじ)調和(ととのふ)極旨(ごくい)は、その耳目(じもく)(よく)(しりぞ)けて、外物(すべてのこと)(ひきださ)れて、それに抵対(はりあふ)ところの妄心(きたなきこころ)(のぞか)んがためなり。人はこの妄心(きたなきこころ)(おこ)るより(いたづら)(からだ)使役(くるしめ)(よろこび)(いかり)(かなしみ)(たのしみ)(おもひ)その(ほど)(こえ)、これによりて病苦(やまひ)をも()本性(ほんしやう)をも(うしな)ふなり。(ゆえ)(いま)よくこの五事(ごじ)調適(ととのひ)ぬれば、その(こころ)かならず安定(おちつき)動揺(うごく)ことなきがゆえに、(もとめ)ずして智慧(ちえ)()し、(ねがわ)ずして義

【綜凡七表】

(ゆうき)(さかん)にし、病苦(やまひ)(おのづ)から()り、長寿(ちやうじゆ)をも()るなり。これ(おのれ)創意(おもいつき)(いで)たる(じゆつ)にはあらで、古昔(むかし)聖賢(せいじん)(とき)おかれたる至道(みち)なることは、本文(ほんもん)(および)附言(ふげん)(のぶ)ところを(よみ)(おのづ)(あきら)かなり。(ゆえ)人倫(ひとたるこころ)大本(もと)知得(しりえ)て、信義(まこと)(みち)(こころざ)し、忠孝(ちゆうかう)(ふた)つながら(まつた)うせんことを(ねがふ)ものは、この(ことわり)体認(こころえ)ずんばあるべからざることなり。(ゆえ)にすべて士庶民(さふらひ)(やくぎ)(ある)も、商売(あきうど)財利(とせい)(いとなむ)も、凡百伎芸(しよげひ)奥旨(おくい)(きわ)めんとするも、この(むね)(こころうる)ときは、(その)成効(できばえ)かならず(すみやか)なること

【綜凡七裏】

は、よく本編(ほんぺん)(よみ)()(しる)べし。

琴三弦(ことさみせん)などの末伎(げい)(する)にも、その巧妙(めう)()たるものは、指頭(ゆび)(もっ)(ひく)ことはせずして、ただ(かならず)臍下(ほぞのした)気力(かねあい)(もっ)てするよし、その達者(じょうず)(きく)ところなり。まして撃剣弄槍家(けんじゆつやりかひなど)のその身体(からだ)外気(ぐわいき)(くわ)して、一切(いっさい)()(もっ)(あしらは)ざること庖丁(ほうてい)(うし)(とく)(ごと)きに(いた)れるものは、一人(いちにん)(もっ)てよく数百人(すひやくにん)(てき)をも(ふせぐ)ことを()べきなり。これその自然(しぜん)(みち)(したがひ)て、人為(ひとのしわざ)をその(なか)(まじへ)ざるがゆえなり。編末(へんまつ)(のす)

【綜凡八表】

ところ白井鳩洲翁(しらいきうしうをう)兵術(へいじゆつ)これなり。未悟者(さとらざるもの)はかならずこれを(うたが)うものあるべければ、それらの(ため)には(あえ)(とき)がたし。

臍下丹田(さいかたんでん)身体(からだ)枢軸(しんぎ)となし、外気(がいき)応和(おうくわ)()るときは、(かならず)不可思議(ふかしぎ)妙用(はたらき)あることを本編(ほんぺん)(ろん)ぜり。(これ)唯一个(ただひとり)()にかかるやうなれども、これを拡充(おしひろむる)ときは、将率(たひしやう)一人(いちにん)(こころ)より数千万騎(すまんぎ)卒伍(しそつ)をも、(ひじ)(ゆび)をつかうがごとく、運用(はたらき)自在(じざい)ならしむるも、またこの工夫(くふう)よりおもい()べし。(ゆえ)

【綜凡八裏】

人よくこの道理(どうり)体認(あきらめ)て、その自得(じとく)するところに(いたり)ては、その人々(ひとびと)等級(しだい)(より)て、(おほい)差別(しやべつ)あるべきことなり。

潅水(くわんすい)にて(やまひ)(れう)すること、我邦(わがくに)には、日本紀(にほんぎ)持統天皇紀(じとうてんわうのき)に、近江国(あふみのくに)益須郡都賀山(やすのこほりつがやま)(いずみ)(あみ)て、(やまひ)(れう)ぜしもの(おほ)きよしを(しる)せしより、続日本紀(しよくにほんき)元正天皇紀(ぐわんしやうてんわうのき)の、多度山(たどやま)飛泉(たき)行幸(みゆき)ありて、御脳(ごなう)()したまいしことなどを濫触(はじめ)として、出雲風土記(いづもふうどうき)長秋記(ちやうしうき)栄花物語(えいぐわものがたり)
続古事談(しよくこじだん)、その(ほか)種々(くさぐさ)(ふみ)(おほ)し。

【綜凡九表】

(ことに)竺土(てんぢく)(しよもつ)には、(みず)(ひたり)(やまひ)()することを(おほ)(のせ)て、医療(いれう)一法(いつぽふ)(なし)たり。中夏(もろこし)のむかし、治術(ぢじゆつ)行水(みづあみ)(ほふ)あることは、素問五常政大論(そもんごじやうせいたいろん)(いで)て、(かん)大倉公(たいさうこう)()華佗(くわだ)なども(もち)ひしよし()えたり。また、弘仁九年(こうにんくねん)新修鷹経(しんしうようきやう)に、(たか)(やまひ)(みず)にて(あら)ふことなどもありて、(いま)馬療(うまのれうぢ)水浴(みずあみ)(ほふ)(もちふ)るものあると(おなじ)旨趣(おもむき)なり。(しか)るときは、人体(ひとのからだ)のみならず、鳥獣(とりけだもの)にもまた水の効用(かう)(おほ)きこと(あきら)かなるを、中古(なかむかし)よりその(れうぢかた)(すた)れて、()に行はれざるは、(もつとも)遺憾(のこりおほき)ことな

【綜凡九裏】

らずや。(おのれ)多年(としごろ)これを自己(じしん)(こころ)み、病者(びやうにん)(ほどこ)して、(その)偉効(すぐれたるかう)あることを的確(たしか)()るが(ゆえ)に、既済微言(きせいびげん)水療俗弁(すいれうぞくべん)(など)(しよ)(あらはし)て、(みず)効用(かうのう)世人(せけん)告知(つげしら)しめんと(おもへ)ども、橘黄(かげふ)(いとま)なくていまだ(はた)さず。たとへ今(やまひ)なきものといへども、日々(ひび)潅水(みづをあびる)ときは、その身体(からだ)(すこやか)にして、病害(やまひ)(ふせ)便(たより)となるのみならず、太古(むかし)伊邪那岐大神(いざなぎのおほみかみ)阿波岐原(あはきはら)中瀬(なかつせ)禊秡(みそぎ)ましまして、死穢(しにけがれ)をはらいたまいしがごとく、よく身心(からだとこころ)汚穢(けがれ)掃除(はらひのぞき)て、居動(たちい)軽便(かろく)精神(こころもち)爽利(さわやか)

【綜凡十表】

らんこと、その(めう)(あげ)(いふ)べからざるものあり。(ゆえ)本編(ほんぺん)(ろん)ずるところの調息術(いきをととのふるじゆつ)と、(ならび)(おこなは)れて相悖(あひもと)らず。(たがひ)効験(しるし)あることなれば、その梗概(あらまし)をここに(しる)しぬ。(つまびらか)なることは、水療俗弁(すいれうぞくべん)等の(しよ)(いづ)るを(まち)(しる)べし。

此編(このへん)は、もとこれを同好(おなじこころざし)(ひと)(おくり)て、(あへ)(いち)(ひさく)ことを(ねがは)ざりしこと、附言(ふげん)にいうがごとくなりしに、この(ごろ)書肆(ほんや)(もとめ)(しきり)なるにより、またつらつら(かへりみ)れば、もと()(おほやけ)にせんことを(はばか)るにはあらねど、そ

【綜凡十裏】

倉卒(にはか)述作(さく)なるを(もつ)て、文辞(ことば)(つたな)く、論説(いふところ)迂闊(まわりどほ)なれば、大方(せけん)(そしり)(おそる)るにあり。これ(しかし)ながら、(おのれ)(いと)ふところの毀誉(ひやうばん)(さた)(かくは)るに()たれば、(いま)書肆(ほんや)(こふ)ところに(まか)せ、変売(かりいださ)しめて、これを衆人(せけん)(とふ)ことになりぬ。(よつ)てその要領(おほむき)(ふたたび)ここに(しる)すになん。

天保丙甲の春正月 攖寧室主人

関連記事